子犬のトイレトレーニングの基本的なやり方

子犬にとって1番大切なしつけはトイレといっても過言ではないでしょう。

人間とともに暮らすことが宿命の犬にとって、トイレが出来るか出来ないかだけでも生涯を左右する大問題です。

ここまで、肩に力を入れなくてもいいですが、快適な生活を送るためにも子犬が家に来たら、トイレトレーニングを行いましょう。

小犬のトイレトレーニング基本的なやり方

(1) 子犬を観察し、排せつしやすいタイミングを覚えておく。

床を嗅ぎまわる、ソワソワといった行為もトイレをしたいのサインです。

観察していると、排せつするタイミングやサインが分かるようになってきます。

(2) 犬が排せつしそうになったら、トイレに連れていく。

(3) トイレに連れて行ったら、排せつを促すコマンドを言い、排せつを促す。

排せつを促すコマンドはなんでもかまいませんが、「チッチッ」「シーシー」「ワンツーワンツー」といったものが多いです。

排せつを促すコマンドの言葉は1つに統一して下さい。

2つ以上のコマンドは犬が混乱してしまいます。

(4) 犬が排せつをしたら、褒めます。

犬がトイレの場所を覚えるまで続けます。

トイレトレーニングのコツ

時間が掛かることを覚悟して、気長に取り組むことです。

留守がちで時間がないからと子犬のトイレトレーニングを後回しにしてしまうと、オムツが一生取れないこともありますから、いかに子犬のために時間を捻出するかが大切です。

犬の飼育は子どもを育てるのと一緒ですから、自分の時間を犠牲にし、犬を1番に考えられるようにならないといけません。

特に、子犬時間はもっとも手が掛かります。

犬が排せつしやすいタイミングは食後、運動後、起床後が多いですから、出来る限りトイレに連れていきます。

もし、トイレトレーニング中に、犬が失敗をしても決して叱らず、淡々と排せつ物を片付けるだけです。

もし、犬を叱ると、排せつそのものが悪いことと考えてしまい、我慢をするようになる場合もあります。

そうなると、体にとっていいことではありません。

犬の排せつ時にコマンドを使うのは、散歩や遠出の外出時に所定の場所で排せつをさせるためです。

まとめ

子犬のトイレトレーニングは、犬の一生役立つものですし、必要なものです。

時間がないからとトイレトレーニングをせずにいると、成犬になってからでは覚えない可能性がありますから、一生オムツを外せないことにもなりかねません。

飼い主がそれでいいのなら問題はありませんが、飼い主にもしものことがあり、人手に渡さなければならなくなったら、苦労するのは犬自身です。

飼い主の時間をなんとか捻出して、時間を掛けて犬のしつけを少しずつ進めていきましょう。







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング