噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法【検証とレビュー】特典付き

いつの間にか愛犬が家族を噛むようになってしまった上に、触れないので病院にも連れて行けず、ドッグトレーナーにも相談をしたけれど、断られてしまった。

犬が目に障害を追ってしまい、これからの生活に自信がない……。

そのような悩みを持っている方におススメしたいのが、「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」です。

特に、噛む犬というのは人間が不適切な接し方をした結果、飼い主といえども人間を恐れ、不信感を抱き、自分を守るために攻撃をするというパターンが多いものです。

そのため、飼い主側の意識と犬双方の変革が欠かせず、ドッグトレーナーといえども対応が難しいのが実情です。

焦った飼い主が独断でなんとかしようとすると、大怪我を追うリスクもあります。

噛む犬専門のしつけ教材のように思われそうですが、子犬の基本的な接し方から、シニア犬、障害を持った犬、食糞といった細かな問題行動まで幅広く対応しているのが魅力で、これ1つあれば、犬のライフステージに応じたしつけに対応することが可能です。

最終的に犬との信頼関係構築を目指しているため、犬と楽しく暮らせるようになりたいと思っている人にはとてもおススメです。

犬との信頼関係を大切にしたい人におススメ!

山本卓さんは1998年にスウェーデンに渡った後、グループホームにて2年ほど働いた後に、ハンガリーに渡り、犬の訓練士となりました。

帰国後、ヨーロッパの犬のしつけ法をベースとしつつ日本の事情も考慮したしつけ法を実践し、関西を中心に訓練士として活躍し、有限会社PSDの代表を務めています。

噛むといった深刻な問題行動を持つ犬のしつけを中心に行ってきたそうです。

ヨーロッパがベースのしつけ法といっても、難しいことは一切ありません。

おかしを使うことなく信頼関係を築くことを目指しているので、一から信頼関係をきちんと作りたいという人におススメ出来るものです。

しかし、一方で、時間が必要な信頼関係の構築を重視しているため、問題行動解決に即効性を求める方には不向きです。

「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」ではDVD2枚とテキストを観ながら、実際にしつけていきます。

しつけはチョークチェーンと呼ばれる鎖型の首輪が必要であり、内容によってはハウス(クレートなど)や口輪も用意する必要があります。

チョークチェーンはしつけに使われますが、犬に一瞬だけ首を締めることでショックを与え、問題行動を矯正していくという使い方をする道具です。

使い方には技術が必要であり、DVDでプロの技を学べるので正しく使うことが出来るようになると思います。

過去にはチョークチェーンを使ってみたけれど、効果がなかったと否定的に思われる方もいるかも知れませが、ずっと犬の首を締めっぱなしにしていたのような誤った使い方をしていませんでしたか?

散歩の引っ張りを例にしますが、チョークチェーンは犬に、「引っ張り過ぎたら、首が締まっちゃうから、引っ張り過ぎないようにしなきゃ」と思わせなければいけませんから、締めるのと緩めるタイミングが大切です。

ずっと首を締めているとチョークチェーンの仕組みを知らない犬は早く楽になりたいために、更に引っ張り続けてしまいます。

使ったことがなくてもチョークチェーンのような道具に抵抗を示す方もいると思いますが、女性の声はキーが高く、犬を叱っても、犬には喜んでいるように聞こえることがあるんです。

そのため、使い方さえしっかりと理解すれば、チョークチェーンでのしつけというのは犬にとっては分かりやすい合図になるでしょう。

噛むといった重大な問題行動以外にも多くの事柄が取り上げられています。

爪切りや肛門腺の絞り方、耳掃除、歯磨きといった基本的なケアの仕方から散歩での引っ張りやマーキング、食糞と多くの飼い主が悩む問題も対応しています。

日常の問題に対しての教科書として幅広い飼い主におススメが出来る内容となっています。

どんな犬でも安心してケア出来るようになる!

噛んだり唸ったりして犬に触ることも出来ない場合のデメリットは、日常で友好的なコミュニケーションが取れないだけではありません。

犬が病気になった時、病院に連れていくのも一苦労です。

そもそも、病気の発見が遅れてしまう可能性があります。

飼い主を噛んだり唸ったりするような犬であったとしても、一緒に暮らしてきたことに変わりはなく、出来れば、元気でいてほしい……。

そう願っていても、飼い主と犬の関係が崩れている状況では些細な異常すら気付かないことになりかねません。

「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」の山本卓さんは「病気だろうが障害だろうが、お互いが安心して体のケアが出来ること」が犬の幸せだとし、人間と犬双方にストレスのない生活を目指しているのだそう。

信頼関係さえ構築することが出来れば、日頃のスキンシップで体の異常を見つけ出しやすくなりますから、早期の発見が可能です。

早い段階で病気を見つけることが出来れば、治療の幅が広がり、結果的に医療費の節約に繋げることも出来ます。

犬の問題行動がなくなれば、散歩にも気兼ねなく行くことが出来ますし、誰かに迷惑を掛けるんじゃないかと周囲の目を気にする必要もなくなります。

障害を負い、情緒が不安定になってしまった犬でも山本さんは見事に情緒を安定させました。

同じような問題を抱えている飼い主さんにとっても山本さんのメソッドを使うことで、情緒が安定し、平穏な生活を送ることが出来るようになるでしょう。

山本さんのメソッドの最大の特徴はシニア犬といったしつけが難しい犬に対してもしつけを行うことにあり、もう老犬で直らないかもと悩み続ける必要はありません。

改善のための1歩を「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」なら、踏み出すことが出来ます。

噛むやハンディキャップ以外にも散歩での引っ張り、甘噛み、無駄吠え、拾い食いといったものから、マーキング、食糞や肛門腺絞りにも対応しています。

特に、マーキングで部屋の中が尿臭くて堪らなかったのが、臭いがしなくなるというだけで生活のストレスが激減し、快適な生活を送ることが出来るようになります。

小型犬には大切な肛門腺絞りは失敗し、犬のお尻にトラブルが起きる方も多くいるのが事実なので、DVDでやり方をきちんと勉強出来るのはとてもいいと思います。

飼い主が肛門腺絞りをきちんと出来るようになれば、わざわざ肛門腺絞りをしてもらうためにトリマーさんや動物病院のお世話にならずに済み、お財布にも優しいですね。

犬との信頼関係を再び結びたい人におススメ!

「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」はテキストとDVDを観ながら、しつけを行っていきますが、冊子版とダウンロード版のどちらかを選んでの購入となります。

電子書籍などをウェブ上で閲覧することが当たり前になっている方にとってダウンロード版はとても嬉しいですね。

しつけの内容は日本では一般的に普及していないような方法を用いているので、市販の本やネットだけではなかなか見つけられないものもあります。

そのため、市販の本をたくさん買ったし、ネットの意見も参考にしたという方にとっても絶対に役に立つ内容だと思います。

メールサポートはないということになっていますが、購入後、分からないところはメールでの問い合わせで丁寧に質問に答えてくれます。

何故、メールサポートと明記していないかというと、メールだけでは解決出来ない問題もあり、メールだけで解決されると思っては困るからというお考えがあるからだそう。

山本さんの誠実さが伝わってきますね。

もう一度、犬との関係をやり直したい方、これから小犬を飼う方やすでに飼われている方を初め、しっかりとした犬との信頼関係を作りたいという方に誠実な山本さんのメソッドは是非おススメです。

オリジナル特典のご案内

オリジナル特典その1
『今日からできる!犬のしつけの重要な10のポイント(非売品)』

オリジナル特典その2
厳選電子書籍 30冊セット

オリジナル特典その3
超優良級 電子書籍

※上記の特典をすべてプレゼントしています。

当サイトオリジナル特典の詳細はコチラをご覧ください⇒オリジナル特典の詳細







失敗しない犬のしつけマニュアルの選び方のご案内
正しいしつけ方法を学べば愛犬も飼い主さんもストレスなく楽しく過ごせるようになります。 あなたの目的にあった教材をお選びください。

犬のしつけ(DVD)教材人気ランキング